司法書士:独立・開業が可能な資格取得・通信講座|スクール紹介

司法書士/資格・検定試験情報

司法書士

例えば、自分が家を買ったとしたら、
土地や建物の場所・所有者の氏名・担保権等の権利を、
登記簿に記載(不動産登記)する必要があります。

 

自分が会社を設立しようとしたら、
申請書類や提出物を用意して法務局に
設立の手続きをする必要があります。

 

そういう時に、法律文書を作成したり、
登記手続きを代行してくれる専門家が、司法書士です。

 

言わば、身近な暮らしのトラブルを法的にサポートする、
"街の法律専門家"としての役目を果たしているのが、
司法書士ということになります。

 

行政書士の所管省庁は総務省ですが、
司法書士の所管省庁は法務省になります。


司法書士の主な仕事

司法書士の仕事として、大まかには下記のような業務を行っています。

 

  • 登記業務
  • 書類作成業務
  • 企業法務
  • 簡易裁判所訴訟代理関係業務

司法書士の検定試験概要

下記が、司法書士の検定試験概要になります。

 

受験資格[筆記試験]

年齢・性別・学歴・実務経験に関係なく、誰でも受験可能

資格の種類法務省管轄の国家資格
試験内容筆記試験1.午前の部

(2時間・マークシート方式)
[試験科目]
・憲法/3問
・民法/21問
・刑法/3問
・商法/8問
(合計 35問)
2.午後の部
(3時間・マークシート方式/記述式)
[試験科目]
・不動産登記法/16問
・商業登記法/8問
・民事訴訟法/5問
・民事執行法/1問
・民事保全法/1問
・供託法/3問

・司法書士法/1問
(合計 35問/マークシート方式)
・不動産登記法/1問
・商業登記法/1問
(記述式)者

試験内容口述試験各自指定された時間に1人ずつ

2人の試験官に口述で回答を求められます。
(1人あたり15分程度)
[試験科目]
・不動産登記法
・商業登記法
・司法書士法
・司法書士の業務を行うに必要な一般常識

 

ユーキャンの通信講座はコチラ
資格 通信講座