中小企業診断士:独立・開業が可能な資格取得・通信講座|スクール紹介

中小企業診断士/資格・検定試験情報

中小企業診断士

中小企業診断士の資格の事はよく聞くけど、
実際に何をしているかを説明できる人は、
そんなに多くはないかもしれませんね?

 

簡単に言うと、中小企業に対する
経営コンサルタントの仕事がメインで、
中小企業をさまざまな面から診断し、
経営課題を解決するための
適切なアドバイスをしたりします。

 

特に日本では中小企業の割合が9割を超えるとも
言われているので、非常にニーズも高い資格です。

 

そして、中小企業診断士の資格は、
中小企業支援法に基づいて、経済産業大臣が
登録する"経営コンサルタント"としての唯一の国家資格です。


中小企業診断士の主な仕事

中小企業診断士は、大まかに言うと下記のような業務を行っています。

 

  • 経営計画・業務改善などの経営管理・指導業務
  • 資金繰りや税務対策などの財務関連の業務
  • 開業/資金計画などの企業創業に関する業務
  • 販売促進・販路拡大などの営業管理に関する業務
  • マーケティング調査・商品開発などの調査・研究開発業務
  • 在庫や物流に至る生産・管理業務
  • 就業規則作成や社員研修などの人事教育関連の業務
  • 研修やセミナーなどの講師・講演活動
  • 雑誌への寄稿や書籍の執筆活動

中小企業診断士の検定試験概要

下記が、中小企業診断士の検定試験概要になります。

 

受験資格【1次試験】

特になし
【2次試験】
第2次試験実施年または前年第1次試験合格者

資格の種類国家資格
試験概要【1次試験】( マークシート方式)

[筆記試験/2日間で7科目]
・経済学・経済政策
・財務・会計
・企業経営理論
・運営管理(オペレーション・マネジメント)
・経営法務
・経営情報システム
・中小企業経営・中小企業政策
[7科目総点数の60%以上かつ
1科目でも40%未満がなければ合格]
上記に該当しない場合:
(60%以上の科目を科目合格:有効期限3年)
[他の国家試験の合格者は、
申請により試験科目の一部の受験を免除]

試験概要【2次試験】1.筆記試験/4事例

中小企業の診断及び助言に関する実務の事例
[総点数が60%以上かつ
1科目でも40%未満がなければ合格]
2.口述試験
1人当たり約10分の面接
[60%以上で合格]

 

ユーキャンの通信講座はコチラ
資格 通信講座