独立・開業が可能な資格取得・通信講座|スクール紹介

独立・開業を目指す資格について

国家資格

これまで終身雇用が基本だった日本の企業文化も、
グローバリゼーションに飲み込まれてしまった今、
日本特有の雇用体系も失われつつあります。

 

他の国で起こった金融不安も、あっという間に
日本にまで伝染し、世界第2の経済大国だという栄光も、
その流れには何も抵抗出来ないくらい、
世界経済は複雑に絡み合っています。

 

そして、勤労年数に比例して増える賃金、
引退するまで守られる雇用、引退してからの優雅な
年金生活、今やもう"まぼろし"になりつつあります。

 

いつ自分の勤めている会社が破綻するかもわかりません。
街の小さな企業どころか、どんな大企業にも起こりうる問題です。
そんな時代だからこそ、自分の身は自分で守るべきです。
いつ何があっても大丈夫なように、今のうちから準備しておくべきです。


資格を取得すれば、本当に独立・開業は可能?

もちろん、その資格を取得したからと言って簡単に独立できるわけではありません。
もっとステップアップした上級の資格を取る必要があるかもしれません。

 

他の資格も併用して取得する必要があるかもしれません。
実務経験を何年も積む必要があるかもしれません。

 

人的ネットワークをもっと広げる必要があるかもしれません。
要は、本人のやる気と熱意が最後の大きな力となります。
そして、何事も行動を起こさないと始まりません。

 

当サイトでは、特に将来独立や開業を目指す人のために有利な資格、
それらの資格の検定試験概要・通信講座/スクール情報などをご紹介しています。
将来独立や開業を目指す方にとって、少しでもお役に立てれば幸いです。

人気のある独立・開業に役立つ資格

司法書士
司法書士について

司法書士とは、例えば、会社設立の為に提出する申請書類や提出物、
土地や建物の場所・所有者の氏名・担保権等の権利を記載する
登記簿謄本などを、作成したり登記手続きを代行してくれる専門家です。

 

行政書士
行政書士について

もし、自分で飲食店を開業したいと思ったら、保健所や警察署への必要書類や
営業許可書を申請する必要があります。
しかし、個人では手続きがよくわからなかったり、様々な準備に時間を取られ
思うように事が進まない場合が多いです。
そのような時、本人に代わって書類作成や代理届出をしてくれるのが行政書士です

 

社会保険労務士(社労士)
社会保険労務士(社労士)について

社会保険労務士(社労士)とは、"人事や労務管理・年金問題等のスペシャリスト"
特に高齢化問題や年金制度への不安が社会問題化している現在、
社会保険労務士の資格は注目されている国家資格の一つです。

 

中小企業診断士
中小企業診断士について

中小企業診断士の資格とは、中小企業支援法に基づいて、
経済産業大臣が登録する"経営コンサルタント"としての唯一の国家資格です。
中小企業に対する経営コンサルタントの仕事がメインで、ニーズも高い資格です。

 

FP(ファイナンシャルプランナー)
ファイナンシャルプランナーについて

FPとは、貯蓄や投資などの金融資産運用・不動産投資・保険の見直し・
税金対策など、金融関連の幅広い知識を生かしてコンサルティングを行う、
いわゆる"お金に関する専門家"です。
経験を積んで、将来的に独立を目指そうという意欲のある方にはお勧めの資格です。

 

インテリアコーディネーター

インテリアコーディネーターの資格は、女性に人気の資格として
常に上位に来るのではないでしょうか?
お客様にとっては、一生に一度の買い物といっても過言ではない家やマンション
を購入し、生活するための心地よい空間を作り上げる訳ですから、
インテリアコーディネーターの資質として求められる、